~住む人の健康を守る、体にやさしいエコな住まいをつくりたい~ と願うリフォーム屋の夫婦です。


by alpha-style
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カリスマ職人。

ふと新聞のTV番組欄を見ると カリスマ左官 という言葉が目に入りました。
すでに始まっていましたので、急いでチャンネルを合わせてみました。

冒頭を見逃しているのでハッキリとはわかりませんが、
私と同年代と思われる左官の男性を紹介していました。

結論から言うと、かなりカッコイイ職人さんでした。

その時は施主に嫌がられても、自分が納得するまでやり直す、
そうした方が後では必ず満足してもらえる、
というような姿勢は、すごく正しいと思います。
同じようには考えても、実践するのは難しいのではないでしょうか。
それを徹底して実践している人だからこそ、
年上のベテラン職人さん達にも堂々とものが言えて
従ってもらうことが出来るのだと感じました。
もちろん、姿勢や考えを裏付けるだけの技術や、材料の良し悪しを
見極める目があることは絶対条件でしょうけど。

いちばん興味深かったのは、30代半ばまでフツーの左官だった、
というその人が、なぜカリスマと呼ばれるまでになったか、ということです。
その職人さんはその理由を
「ずっと泣かず飛ばずだったけど、とにかく一つのことをやり続けた。
そうしたらそこに枝が出て、花が咲いた。」というような言葉で語っていました。
あぁ、やっぱりそうなんだ。と思いました。
やっぱり「継続はチカラなり」なんですね。

今の私もある意味、泣かず飛ばず です。
でも、諦めず、くじけずにずっと戦って行こう、とあらためて思っています。

とてもイイ番組だったのですが、たったひとつ、首をかしげるシーンがありました。
とても難しい仕事のやり直しの直前、その職人さんが
仕上がりに納得いかない壁面をじっと睨み付け冷静さを保つ、というところ。
室内でタバコを吸っていたんです。
新築の注文住宅みたいでしたので、ちょっと驚きました。
あれは、いいのかなぁ・・・・・・?





人気blogランキングへ

ランキングに登録しています。応援お願いします。(?_?)
[PR]
by alpha-style | 2006-03-09 10:19 | こんな仕事してます