~住む人の健康を守る、体にやさしいエコな住まいをつくりたい~ と願うリフォーム屋の夫婦です。


by alpha-style
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

これでひと安心・・・かな?

数日前
大阪市の化学メーカーが フェロシルトという産業廃棄物が含まれる汚泥15万tを
大分市の処分場に持ち込んで埋め立て処分しようとしている、
と新聞報道で知りました。

フェロシルトとは、酸化チタンの製造工程から出る副産物を処理して生産した
土壌埋め戻し材で、環境基準を超える六価クロムなどを含有する、
安全性に疑問がある物質だそうです。
愛知・三重・岐阜などではすでに使用され、
環境への悪影響を懸念されたためにメーカーが一部、自主回収を行っているとか。

そんなものが持ち込まれようとしているのに、大分市としては法律上
拒否できない と知り、驚いたし、心配になりました。
単純に 大分市に来なければそれでイイ、とは思いません。
持ち込まれたらどの自治体だって困るはずです。
でもやっぱり、そんなもの、身近には来て欲しくない。

どうなるんだろう・・・と思っていたら、今朝の新聞に
大分市が搬入拒否を表明し、メーカーにも通知した という記事が。
市の指導要綱に基づく決定だそうです。
詳しいことはわかりませんが、これでひと安心、かな?

搬入拒否の理由としては指導要綱のほか、二つが挙げられています。
フェロシルトの将来にわたる環境への影響が明確でないこと、
まずは当事者が責任を持って適正処理すべきであるということ、です。
当事者が処理すべき、というのは当然として、
影響が明確でない物を拒否する、というのは
まさに「予防原則」ではないかと思います。
科学的立証を待たずとも疑わしきは避ける。ですよね。

私は今まで、深く考えることなく仕事をしてきて、
有害とされる化学物質が含まれるゴミを、どんどん捨ててきたんだと思います。
便利さや工業製品そのものを否定する気は毛頭ありませんが、
これからは使う建材や材料にこだわり、便利な工業製品とも上手く組み合わせることで
少しでも有害ゴミの減量に取り組めたらイイな、と思います。

実は、フェロシルトが大分に持ち込まれそう という最初の記事を
読んだその日に、ブログを更新しかけました。
でも、自分自身も何も考えずゴミを捨ててきたじゃないか と考えたら
その記事を公開できませんでした。
数日間いろいろ考えて、これからは有害なゴミの減量にも取り組もう
としているんだと気が付き、あえて書いてみました。




人気blogランキングへ

ランキングに登録しています。応援お願いします。m(__)m
[PR]
by alpha-style | 2006-03-29 09:52 | ロハスな暮らしを目指して