~住む人の健康を守る、体にやさしいエコな住まいをつくりたい~ と願うリフォーム屋の夫婦です。


by alpha-style
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人の気持ちの温かさ。

数日前から、息子の喘息の発作がひどいです。
治まったかな?と思うと、夜にはまたぶり返します。

毎朝カオルがクリニックへ薬の吸入に連れて行き、
遅れて学校へ通っています。
日中はおとなしくしていることもあり症状が少し治まっているようですが、
夜になると途端に咳込み始め、なかなか眠れません。
夕食後に薬を飲み、気管支拡張パッチを胸に貼って、布団に入るときも
後ろから支えてやって少しカラダを起こした状態にしてやります。
それでも、寝入るまでにはかなりの時間がかかります。
苦しそうに呼吸する姿、可哀想で見ているのが辛いです。

そんなこんなでちょっと凹み気味の今日、ある人からカオルの携帯にメールが届きました。
息子がお世話になっている、児童育成クラブの指導員さんでした。
内容は、
「T君、ここ何日か外で遊べず室内で過ごしているので、元気がありません。
 サッカー部の練習風景を窓越しにずーっと見つめています。
 その姿を見ていると、とても切ないです。
 サッカー部のチームメイトに、最近練習をサボっている と言われましたが
 今は体調が悪いから。治ったら行くから。とハッキリ言ってました。
 早く良くなって欲しいです。」 
といった感じでした。

育成クラブは、留守家庭の児童を放課後の一定時間預り、
遊びを中心に健全かつ安全に過ごさせてくれるところです。
(地方によって呼び方が違うと思います。)
指導員さんは他人の子供ではあっても、
仕事という意識での心配や気遣いは当然してくれます。
でも、今日のメールには、それだけではない
温かい気持ちを感じずにはいられませんでした。

今さらその指導員さんのように温かい人間になれるかどうかは怪しいところですが、
見習いたいなぁ、という思いは持っています。
息子にも、人の気持ちを思いやれる人間になって欲しいです。




人気blogランキングへ

ランキングに登録しています。応援お願いします。m(__)m
[PR]
by alpha-style | 2006-04-26 18:45 | 子供