~住む人の健康を守る、体にやさしいエコな住まいをつくりたい~ と願うリフォーム屋の夫婦です。


by alpha-style
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

表示を信じること

『福岡県宗像市の市営の施設内レストランで、小麦粉入りそば食品が、「そば粉100%」と誤表示されていたため、それを食べた小麦粉に対してアレルギーを持つ幼児が激しい喘息の発作を起こした。』(10/21付西日本新聞より)

なんだか他人事とは思えない内容です。
うちの息子も小麦粉アレルギーでした。今は特に目に見える症状は出ませんが、実際のところは血液検査でもしてみない限りわかりません。でも相変わらずのアレルギー体質。これからの時期、乾燥してくるとお肌もカサカサ、ガサガサになってきます。

まだアレルギーの原因が不明だった赤ちゃんの頃、母である私が毎食何を食べたかと、その後おっぱいを飲んで数時間のうちに表れる息子の体の変化を、食物日誌に記録していました。
どうも白身の魚を食べた後は口のまわりが赤くなるなあとか、
甘い物を食べた後は体中掻きまくるみたいだとか、ひとつひとつ観察していました。
そうしているうちにはっきりした原因のひとつが小麦粉。
「どうも小麦粉が怪しいんです。パンや麺類を食べた後咳が止まらなくなるような気がします。」とそのころ通っていた小児科の先生に伝え、血液検査をしてもらうと、見事ビンゴ!
「さすがお母さん、よく見てますねぇ。」と感心されました。(そりゃあ毎日見てたらわかりますよ。)
それまで特に意識していなかったけど、確かにパンやパスタが好きでよく食卓に上っていました。
でも、そればっかりじゃなくてごはんも普通に食べていたのに、なんで??

全てではないにしろ、原因のひとつがはっきりしたからにはしょうがない。
それからというもの、食品の裏面表示には前にも増して敏感になったものです。

消費者としては、食品に表示してあることを信じるしか手立てがありません。
作る側、売る側の安易な判断が、買う側にとって命に関わる悲劇を引き起こすこともあり得るのです。


今回のこのレストランの事故は、製粉工場への指示が不徹底だったため起こったということですけど、それはそれぞれの現場の人の意識の問題でもあるでしょう。
ぜひともこの事故をきっかけに、他の商品の表示も全部見直して欲しいです。
「利用者へのお詫びとして特別価格で食事を提供する」だけじゃなくて。





人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
今日は早めに店じまいしてTVの前で応援だあ~\(^o^)/
[PR]
by alpha-style | 2006-10-21 15:23 | ニュースなこと