~住む人の健康を守る、体にやさしいエコな住まいをつくりたい~ と願うリフォーム屋の夫婦です。


by alpha-style
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ロハスな暮らしを目指して( 63 )

火曜日は週に一度のバドミントンの練習日。
昨夜もチビ達を体育館の中で走り回らせながら、
夫婦で参加してきました。

d0006858_18105110.jpg

ウチのチームは「とにかく楽しくやりましょう」的な集まりなので、
基本的にゲーム形式の練習はダブルスばかりです。
割り箸で番号クジを引き、ペアを決めてやりますので、
当然ペアは毎回違うことになります。

初級者レベルの私達は、上級者とペアを組んだ時、
とにかくダブルス特有の動きを習得しようと心がけます。
パートナーがこうしたときにはこう動く、という
攻守両面に関わる基本パターンがあるからです。
基本パターンを無視して動くと
防戦一方で攻めに転じられなかったり、有効に攻められなかったりします。
最悪は二人がぶつかり合ってケガをする、なんてことも。
要するに、お互いの動きを信頼しあって、でないと
いいゲームは出来ない ってことです。

今月、アルファ・スタイルは2つの会社のビジネスパートナーになりました。
どちらの会社も実績や持てるノウハウは業界屈指です。
それぞれ業界ナンバーワンと言ってもいいかもしれません。
バドミントンのプレイヤーだとすると、完全に上級者の部類です。
そこと私達がペアを組むのですから、けっこう気が引き締まります。

しかし、初級者には初級者の意地があります。
経験が浅い分、ある意味、恐いモノ知らずです。
初心を忘れず、パートナーを信頼し、また自分達を信頼してもらえるよう、
頑張ってみよう、と思います。


バドミントンの練習では、私達夫婦がペアになることもあります。
お互いの息が合って善戦し「今日は楽しかったね。」と言える日もあれば、
動きがバラバラで「もう組みたくない。」という日もあります。
まだまだ、練習が必要です。^_^;




人気blogランキングへ

ランキングに登録しています。応援お願いします。\(^o^)/
[PR]
by alpha-style | 2006-02-15 18:14 | ロハスな暮らしを目指して

森林の仕事

今朝の読売新聞に 全国森林組合連合会 の広告が載っていました。

「森林の仕事ガイダンス&共同説明会」があるそうです。


「木材を生み・空気を作り・水を蓄え・地球の温暖化を防ぐ森林。

それを大切に守り育てていく人が、いま求められています。」

気になって覘いてみた会のHPにも、こんな一文がありました。


健康を意識し、建材の分野で自然素材とか天然素材とかいうキーワードを

調べたり勉強したりしようとすると、

イヤというほど 

木材の(というか木の)素晴らしさ 

を思い知らされます。


以前の私なら多分、この広告は素通りしたと思います。

でも今はちょっと興味アリです。

カラダが2つあったら、森林の仕事を体験してみたいぐらいです。


そう言えば、、、広告とは関係ないけど、

高校の同級生が愛媛県の林業課に勤めています。

久しぶりに連絡とってみよう。_ρ(^^ )/



人気blogランキングへ

ランキングに登録しています。応援お願いします。>^_^<
[PR]
by alpha-style | 2006-02-02 19:11 | ロハスな暮らしを目指して

過去と未来

昨夜放送の「素敵な宇宙船 地球号」というTV番組で(大分ではpm11:00からでした)、
化学物質過敏症に苦しむ東京在住の17歳の女性を紹介していました。
観られた方もいらっしゃると思います。

私にはとてもショッキングな内容でした。
17歳の若者が重力を感じる神経にダメージを受け、
自力で立つ事も座る事も出来ず、
トイレに行く以外はベッドの上が生活範囲の全て、なんです。
しかも、その原因は、彼女が住んでいた住宅にある のです。

30分番組ですし、途中でアメリカの研究機関が紹介されたりもしていたので、
彼女や家族の苦しみはほんの一部しか伝わっていない、はず。
それでも、化学物質過敏症という病気の恐ろしさや
明らかに人間が作り出した病気なんだ、ということがわかり、
すごく重い気分になりました。

実は、私達の息子もアレルギー体質なんです。
生後間もなくアトピーを発症しました。
発育と共に症状は落ち着いてきて今では元気な小学生ですが、
完治はしていません。時々カラダに変化が起こります。
番組を観ていて、炎症を起こしてただれた顔で無邪気に笑う息子の姿や
唯一息子に影響がないと判明していたサツマイモしか食べず
青白い顔で懸命に頑張ってくれた授乳中のカオルの姿
なんかを、昨日の事のように思い出してしまいました。

我が子が化学物質過敏症で寝たきり生活になる
なんて、正直、想像したくもありません。
誰だってそうだと思います。
でも、そうなる可能性があります。誰だって。

今までの私は、もしかしたら、化学物質にまみれた家を作る事に
加担していたかもしれません。
でももう、そんなのはイヤです。
息子のアトピーも私のせいかもしれないし、
その罪滅ぼしの意味からも、変わらなければいけないと思います。

非力です。微力です。
でも、少しずつでも、健康に暮らせる人が増えるよう、
行動してみたいと思います。



人気blogランキングへ

ランキングに登録しています。応援お願いします。<^!^>
[PR]
by alpha-style | 2006-01-30 09:46 | ロハスな暮らしを目指して