~住む人の健康を守る、体にやさしいエコな住まいをつくりたい~ と願うリフォーム屋の夫婦です。


by alpha-style
カレンダー

<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

良いお年を(^.^)/~~~

事務所の片付けと掃除を済ませ、本日の業務終了。
我が社も今日で御用納めです。

早かったなぁ・・・。
思えば、バタバタッと過ぎて行った一年でした。
今年はどんな成果を残せたのかなぁ・・・。

「健康な人が健康なまま暮らせて、デリケートな人にも優しい住まい」
を造ろう。
そう決心して行動し始めた頃の熱い気持ちは、今でも変わりません。
来年もその熱い気持ちを忘れず、
信念を持って活動して行きたいと思っています。

今年一年、私達に関わって下さった全ての皆様に、
私達に関心を持って下さった全ての皆様に、お礼を申し上げます。
お世話になりました。ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m


それでは、皆様、良いお年をお迎え下さい。(^.^)/~~~






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
さあ、明日から自宅の大掃除です・・・(^○^)ふぁいと!!
[PR]
by alpha-style | 2006-12-29 18:21 | ロハスな暮らしを目指して

今日のF様邸。

夕方になってお邪魔したF様邸。
既に本棚にはズラッと本が並んでいました。
d0006858_19483021.jpg

工事後に実際のお客様の暮らし方を垣間見させていただくのは
とても嬉しいですし、参考にもなります。

床に見えるホットカーペットとカバーは
F奥様がこだわって購入されたものとか。
子育て中の家庭にぜひ欲しい、電磁波カット機能付きです。


工事着工前、F様ご夫妻には
「カーテンについても提案して欲しい」とご依頼いただいていました。
カーテンにアレルギーフリーの考え方を持って行くのは
正直に言って、なかなか難しいです。
ですが、せっかく気持ちの良い部屋が出来たのですから、
カーテンにも配慮したいと思うのは当然のこと。
お任せ下さい。
一生懸命、知恵を絞ってみますので。!(^^)!






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
スライド式本棚は本を満載してちゃんと動いてます。大成功(^o^)/
[PR]
by alpha-style | 2006-12-27 20:14 | こんな仕事してます
本棚第二弾の搬入・設置を済ませ、F様邸のリフォーム工事はほぼ完了。
あとは解体時に現れた床柱の切り込み部分を補修するのみです。

昨日の作業で壁際に納まった本棚に
転倒防止と隙間調整を兼ねた見切りを取り付け、
その前列に、今日はスライド式の本棚を据えました。

こちらは可動式であることや小さいサイズの本を収納することを想定し、
奥行は24cmとしました。
前列なので背板付きです。
天井に取りつけた框の溝を走るピボットと
式台に取りつけたガイドレール上を走る戸車、
さらに式台の上を直接転がるキャスター。
この三つの働きによりスライドするように造りました。
本をメいっぱい収納した状態では少しチカラを加える必要があるくらい
意識的に手応えを与え、
軽すぎて危ないということがないようにも考えてあります。

d0006858_1915125.jpg

全景はこんな感じ。
壁・床・本棚、それぞれの出来上がりを
F家の3人のお子チャマ達もとても喜んでくれて、
このあとは撮影会状態でした。

気分が悪くなるのを恐れて階段下収納の片付けをダンナ様に任せたF奥様も
「大丈夫です。」とホッとした表情で荷物を納められています。
やはりかなりの有害化学物質濃度の低減に成功したようす。
良かった良かった。^^

これでF様邸に 居ると気持ちがイイ部屋 が出来ました。
ここで5人のご家族が楽しい時を過ごされると思うと、
私達もウレシイです。

いい仕事が出来ました。(*^。^*)






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
お子チャマ達が「えぇ、もう帰るん・・・」と残念そうに。ウレシ・・・>^_^<
[PR]
by alpha-style | 2006-12-26 19:32 | こんな仕事してます

幸せな父親。

久しぶりに完全な休日になった日曜日。
子供達から「とおちゃん、自転車乗りに行こ!」の声。

で、ちょっと遠出して、ななせ川の河原へ。
d0006858_20233369.jpg


d0006858_20235881.jpg
道沿いの小さな店で買ったおやつを美味しいヽ(^o^)丿と食べてくれる子供達。

何も無い河原でも兄妹仲良く楽しそうに遊ぶ二人。

とおちゃんとのサイクリングをとても喜んでくれる。












とおちゃんは、君達の父親でいられてとても幸せです。^_^






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
投稿が前後しました。^^; ↓のF様邸7日目が月曜日の出来事です。
[PR]
by alpha-style | 2006-12-25 20:43 | 子供
今日はF様邸に本棚の第一弾が入りました。


d0006858_19125229.jpg
元床の間の本棚スペースに高さ2m30cm・巾1m85cm・奥行40cmの
大きな特製本棚がやってきました。
ギリギリで入るサイズで製作しているため、奥に納めるのが一苦労(;O;)です。





d0006858_19131361.jpg

何とか納まりました。背板が無いので壁の珪藻土が見え、
いくぶんスッキリしてはいますが、かなりの存在感が。
この棚の前にもう一つ、半分の巾の奥行の浅い棚が座ることになっています。
式台に取りつけたレール上を動くスライド式の本棚になります。



今回のリフォームの当初の目的であった本棚造り。
置き家具がダメなことはもちろん、ご家族の健康を考えると
合板は使えませんし、集成材もベストな選択ではありません。
見た目の良さと気持ち良さ、さらに安心を、となると当然、無垢材です。

幾つかプランを考えた末に、大分県産の杉で造ることにしました。
そこで、F様や私達と同世代であり、私達の仕事に理解のある、
そして何より木材のプロである、中津市の(有)新貝商店の新貝社長に相談。
今回の本棚製作に最適な木材の供給を受けることが出来ました。

使ったのは厚み3cmの板材。
自然な色艶と杉特有のニオイを失っていないものを
どうしても使いたかったので、天日乾燥の材にしました。
後々の反りや収縮を考えると機械乾燥を選びたくなりますが、
今回の天日乾燥材は含水率も高くなく、
安心して使うことが出来ます。

少しタイヘンだったのは、奥側の棚に使う板の巾が40cmだったこと。
4mの長さで40cm巾の板を取るには、かなり大きな丸太が必要になります。
無垢材でそのサイズはちょっとした銘木級。
スムーズに入手できたのは、新貝社長のおかげなのです。


スライド式本棚は明日F様邸にやってきます。
その様子もまたぜひ見てくださいね。






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
「木の香り」に包まれた部屋になっています。イイもんですね。^^
[PR]
by alpha-style | 2006-12-25 20:05 | こんな仕事してます
d0006858_1323341.jpg



d0006858_13232351.jpg












d0006858_13234191.jpg



F様邸の工事は珪藻土塗壁材の施工と戸襖・襖への織物クロス貼りを終え、
本棚の製作を残すのみとなりました。

塗壁材「はいから小町」は淡いグリーンの らいむ。
スッキリした色調が明るく清潔感のある部屋を作ってくれます。
本棚スペースにも全面に塗りました。
かなりの部分が隠れてはしまいますが、
バツグンの調湿性能はたくさんの本を良い状態に保つのにも
役に立ってくれるのではないか、と思います。

「はいから小町・らいむ」に合わせて選んだのは
同系色の「すっぴんクロス」。
戸襖、襖ともに引き手も新しくしました。
現場にいた全員が「いいなぁ・・・」と呟いた、会心の組み合わせです。(^.^)

一番上の写真は問題の階段下収納。
F奥様が開ける度に気分が悪くなるという、魔の収納です。
私(ツカサ)も、床の張り替え作業をした職人(マーくん)も
中にいるとやはり気分が悪くなりました。

特有のニオイみたいなものが無いのでホルムアルデヒドではなく
別の化学物質が悪さをするのかもしれません。
いずれにしてもこのままでは通常使用にも支障があります。
天井・壁はビニールクロスの上から珪藻土塗り、
床は既存のベニヤを撤去してゼロホルム合板に張り替えました。
作業直後から内部の空気が変わったと感じましたので、
「はいから小町」が硬化とともにチカラを発揮し始めれば
かなりの効果が現れると思います。

土・日と2日間の養生期間を置き、作業は月曜日から再開します。
いよいよ本棚造り。
部材はただいま作業場にて加工の真っ最中。
こちらもこだわって仕入れた自信の木材です。
どんな風に出来上がるか、
実は私達もとてもワクワクしているんですよ。(^_^)






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
F家のお兄ちゃんのピアノ演奏(練習)をBGMに工事は順調に進んでいます。
(^^♪
[PR]
by alpha-style | 2006-12-23 14:02 | こんな仕事してます
最後の工程は無垢の框と巾木へのオイル塗りでした。

自然健康塗料として名高いリボス社の
アルドボスという浸透性木材保護オイルを使用しました。
呼吸を妨げることなく木を強くするスグレモノ。
撥水性があるほか、木目を美しく見せる効果もあります。
まさに今回のリフォームにピッタリのクリア・オイルですね。


オイル塗りが終わって清掃をし、いよいよ工事の完了です。
d0006858_20423169.jpg


隣りの食堂から見た全景はこんな感じ。

壁に塗った「はいから小町」の完全硬化まではおよそ1ヶ月かかります。
それまでは少し乾きムラが見えますが、
既に実用硬度に達しているため触っても大丈夫。
明日からでも会議室を使っていただけます。

天井の織物クロスといい、床の無垢フローリングといい、
なかなか雰囲気良く仕上がりました。
室内の空気がキレイなのは間違いありませんから、
G社の皆様にもきっと気に入っていただけると思います。(●^o^●)





人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
微かな無垢の木の香り以外には何もニオイません。大成功(*^^)vです。
[PR]
by alpha-style | 2006-12-21 21:01 | こんな仕事してます
F様邸の和室改装は
床下地組み→フローリング張り、
床の間部分の天井・壁復旧→下地パテ打ち
までを終えました。

d0006858_18143291.jpg

       壁に石膏ボードを張るための下地を組んでいるところ。
       あまりに大きく壁が波打っていたので急遽こうすることに。




d0006858_18145511.jpg











井桁が組み上がるとここに石膏ボードを張ります。
ここまでは2日目の作業。


今日は写真が撮れなかったのですが、
ボードのジョイントと入隅にメッシュテープを貼り、
パテを打ちました。
明日は珪藻土塗りの前段階としてシーラー処理をします。

階段下の収納室内部でも作業する予定。
ここはちょっとした訳有りの場所(+_+)なのです。
詳細は後日・・・・・。






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
F家の息子さんはピアノが上手なイケメン小学生。とてもカッコイイのです。
\(^o^)/
[PR]
by alpha-style | 2006-12-20 18:45 | こんな仕事してます
G社会議室のリフォームは今日、
天井の織物クロスを貼り終え、主要な工程をほぼ消化しました。
昨日のうちに珪藻土塗壁材の施工を終えているので、
後は細々した仕上げを残すのみ。
完了まであともう少しです。

d0006858_18293198.jpg

天井には、糸の段階から一切の薬品処理をしていない、安心の織物クロス
アトピッコハウス㈱の「すっぴんクロス」を施工。
色や柄の選択の巾は狭いけれど、本物の織物なので質感はとてもイイです。
調湿や吸音にもお役に立ちますよ。(^_-)




d0006858_18295162.jpg
100%自然素材の塗壁材はクロスと同じくアトピッコハウス㈱の
「はいから小町」。
G社の担当者の方には優しいピンク色の「もも」を選択していただきました。
なんとJIS規格の3倍以上の調湿性能を誇ります。(゜o゜)

施工直後なので乾きにムラがありますが、じっくり時間をかけて乾燥し、
とても堅い壁に仕上がってくれます。







人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
明日は壁の養生(乾燥)のため、作業はお休みです。
[PR]
by alpha-style | 2006-12-19 18:42 | こんな仕事してます
大分市のF様邸にてリフォーム工事をさせていただきます。

先日のブログで触れていた、奥様が少しデリケートな体質のお宅。
もともとリフォームを考えられたのは、
3人のお子さんの本がたくさんあるので効率よく収納したい、
という理由からでした。

和室の床の間に置き家具タイプの本棚を置いておられるのですが、
このスペースに造り付けの本棚を設置したい
と弊社にご相談いただきました。

ただし、何でもアリで造ってしまうと余計に奥様の体調を悪くしかねません。
そこで、奥様思いのダンナ様が、健康や環境に配慮した仕事を心がけている
私達アルファ・スタイルを選んで下さった という訳です。

打ち合わせを重ね、結局は本棚だけにとどまらず
床を無垢フローリング張り、壁を珪藻土塗壁材仕上げ
にすることが決まりました。
天井は既存のままになりますが、
配慮すべき順番の1番・2番である床、壁の仕上げを
変更していただけるということで、
ある程度のアレルギーフリー効果が期待出来るのではないかと思います。

d0006858_17461533.jpg



d0006858_17463963.jpg

奥に見える床の間を解体、本棚スペースにします。
床にはナラ材の無垢フローリングを、壁には珪藻土塗壁材を選択。





d0006858_1747544.jpg





d0006858_17472479.jpg

前後2列に本棚を設置するため、床を補強します。
2寸垂木を狭いピッチで配して頑丈に。
畳を撤去した後には根太を組み、ゼロホルム合板で捨張り。
作業はお馴染みの名コンビ、マコちゃん&マーくん(*^^)vです。


床の下地が出来上がったところで今日の工程は終了。
明日は壁を復旧し、本棚スペースのサイズを確定します。






人気blogランキングに登録しています。一回クリックお願いします。
今日は平行してG社会議室の壁に珪藻土塗壁材を塗りました。
その様子はあらためて見ていただきます。(^'^)
[PR]
by alpha-style | 2006-12-18 18:05 | こんな仕事してます